center7

center12

graph
 入試科目はセンター試験・2次試験(個別学力検査)とも大学により異なります。主な傾向をみていきましょう。

 センター試験では、国公立大学の74%が7科目以上を課しています。国立大学だけに絞ると、7科目以上課すのは9割近くに達します(一部の学科のみの実施を含みます)。

 

 なお、この7科目以上の構成も大学により異なりますが、大別すると次の3つのパターンに分けられます(理科①は2科目セットで1科目とカウントします)。

 

   (文型)外・国・地公2必須、数・理から3(数2必須パターンを含む)

   (理型)外・数2・国・理2・地公

   (選択型)外・国必須、数・理・地公から5(数2必須パターンを含む)

 

 学部系統別に教科パターンをみていくと、文系学部では地歴公民2科目が必須の文型、理系学部では理科2科目が必須の理型が一般的となっています。

 国公立大学でも少数派ながら少ない教科・科目数で受験できる大学はあります。しかし、受験科目を絞れば負担が減るかわりに、志望校の選択幅がぐっと狭まります。国公立大学志望者は5教科7科目に対応した学習を基本と考えたいものです。

 

center13

 2次試験の入試科目もセンター試験同様に大学によって異なります。また、同じ学科でも日程により異なるケースがほとんどです。

 前期日程の入試科目は、一般的には文系学部で「外国語、数学、国語、地歴・公民」から2~3教科、理系学部では「外国語、数学、理科」から2~3教科が課されます。ただし、東京大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、九州大学など一部の難関大学では4教科を課す学部・学科もあります。

 一方、後期日程では前期日程に比べ教科を1~2教科に減らすケースや、総合問題、小論文や面接などを課すところも多くなっています。なかには、2次試験を行わずセンター試験の得点で合否を決定する大学もあります。

 配点についてもセンター試験、2次試験ともに大学ごとに設定されています。多いのは専攻する学問に関連する教科の配点を高くするパターンで、例えば理系学部では数学や理科の配点が高くなっているケースが目立ちます。また、センター試験と2次試験の配点比率も大学によってかなりの差があるので注意が必要です。

 

 

 ●国公立大学 入試配点比率の例
h102_6
※表中の科目・配点はいずれも2016年度入試のもの

 

 

 入試科目や重視される科目によって、必要となる受験対策も変わってきます。志望校の入試科目や配点、センター試験と2次試験の配点比率などはきちんと押さえておきたいものです。各大学の入試科目・配点は、入試前年の7月に「入学者選抜実施要項」として発表されます。また、入試科目などが大きく変更となる場合は、これより早くホームページ等で公表されています。気になる大学は早めにチェックをしておきましょう。

 

Kei-Netより