伊東 裕揮

アシスタントアドバイザー

プロフィール

伊東 裕揮
■出身地
三重県名張市
■出身校
三重大学
■趣味
読書
■好きな言葉
臨機応変

受験の思い出

私は高校2年生の冬ぐらいから受験勉強をし始めました。初めは順調に進み、やる気も維持できていたのですが、高校3年生の夏休み後半から9月までは勉強が出来ませんでした。目標もなくただ勉強することにやる気が維持できませんでした。センター試験の結果も思うように上がりませんでしたが、最後まで諦めずに勉強しました。そのおかげか少しではありましたが、本番ではいつもより高い点数をとることが出来ました。最後まで諦めてはいけないということを実感しました。

心に残る一枚

伊東

私の学校では、修学旅行でスペイン・オランダへ行きました。スペインでは、サグラダファミリア、アルハンブラ宮殿、プラド美術館など有名な所を見に行きました。その中でもアルハンブラ宮殿が一番印象に残っています。

最近はまっていること

最近はクロスバイクを購入したので、それに乗ってサイクリングに出かけることにはまっています。少し前までは普通の通学用の自転車だったので、より坂が厳しかったのですが、クロスバイクだとかなり楽に走れるので上り坂でも苦ではありません。色々なところに行けるので、とても楽しいです。

高校生へのメッセージ

受験勉強は目標がないと1年間やる気を維持するのは難しいと思います。志望校が決まっている人は、そこを目標にやる気を維持していきましょう。特に、具体的にどこの学校に行きたいか決まっていない人は、1ヶ月ごとに目標を決めたり、模試などを目標にしたりと短い期間で勉強しましょう。受験は最後まで何が起きるか分からないので、諦めずに受験が終わるまで勉強していきましょう!