suisen_1

suisen_4

 私立大学の推薦入試は、入学者比率が40%を占めており、一般入試と並ぶ私立大入試の大きな柱といえます。

 私立大学の出願要件は国公立大学ほど厳しくなく、なかには成績基準も設けない大学もあり、とくに中部・関西地方ではその比率が高くなっています。選抜方法は、小論文や適性検査、面接、基礎学力試験、調査書等の書類審査をさまざまに組み合わせて選考されています。冒頭で述べた、推薦入試における学力検査の免除はそれほど徹底されておらず、適性検査、基礎学力検査といった名目で学力選抜が行われている大学も目立っています。

 

suisen_5

 私立大学の推薦入試では、一般入試と同様に多様な選抜が実施されています。その代表格が「自己推薦」と「スポーツ推薦」です。自己推薦は、能力・意欲・特技などを受験生自身がアピールして評価してもらうシステムです。多くが出身高校長の推薦を必要としない代わりに「自己推薦書」の作成・提出が必要となります。スポーツ推薦は、その名称の通りスポーツに秀でた学生の獲得を目的として入試で、出願にあたっては高校時代の競技成績が基準となります。

 ほかにも、資格・技能をもつ受験生を優遇する「有資格者推薦」や、生徒会活動や社会・地域奉仕活動、芸術・文化活動で活躍した人を対象にした「課外活動推薦」などが実施されています。

 

コラム~評定平均値と学習成績概評
 評定平均値は履修した全科目の評定を平均したもの。この評定平均値をもとに、高校3年間の成績をA~Eの5段階で表したものが学習成績概評です。評定平均値と学習成績概評の関係は、評定平均値5.0~4.3がA、4.2~3.5がB、3.4~2.7がC、2.6~1.9がD、1.8以下がEとなります。なお、Aのなかでも特に学校長が優秀と認めて生徒にはAを標示することができます。国公立大学の推薦入試のなかには出題条件としてAの者に限定しているところもあります。

 

Kei-Netより

 

 

next